2013年11月14日木曜日

シリーズ②ノスタルジックな肥薩線の旅~しんぺい号~

              
しぺい号に乗車。この列車もまた見どころ満載なんです!

まずはコレ!幸せを願う人必見()!“真の幸せ”と書く「真幸」という駅があります!これは“まさき”と読みます。駅には鳴らすと幸せになれると言われている“幸せの鐘”があります。行ったら是非とも鳴らしてみてください(^^)




そして、忘れちゃ~いけないのは、何と言っても日本三大車窓でしょう!霧島山々が、天気と運が良ければ(?)桜島や開聞岳も見えるそうです。と、このような言い方をするのも…私が乗った時は天気が良かったのですが、ちょっとガスっていてくっきりとは見えなかったんです(>_<)一応見えたのですが…くっきり見たい!だから~いつかリベンジ!!
 
さらに進むと肥薩線の最高地点にある駅「矢岳駅」。海抜約537メートル。鉄道の町のシンボルとして大きなSLが展示されてましたよ。
 
さらにさらに行くと“おこば”と読む大畑駅が。

ループ線があるのですが、その中にスイッチバックがあります。ループ線の中にスイッチバックがあるのは全国でここだけとの事~
急傾斜を登る為にループ線が作られ、その急傾斜地に駅を作る為にスイッチバックが作られたんだそうです。
ちなみにこの大畑駅には誰が始めたのか分かりませんが駅舎には名刺がたくさん貼られていました。本当に隙間もないくらいびっしり!ここに名刺を残すと出世するんだとか。私はこの時名刺を持っていなかったか何かで貼りませんでした(^_^;)
 

 その後、人吉駅に到着し、今度は「九州横断特急」で新八代駅へ。

つづく…

☆ふるさと一言メモ☆               
「いさぶろう・しんぺい号」は同じ列車です。
上りは「しんぺい号」、下りは「いさぶろう号」と呼び名が変わります☆

0 件のコメント:

コメントを投稿