2015年11月15日日曜日

第17話 鹿児島のパワースポット



どこに行くと力をもらえますか?元気になれますか?
パワースポットと聞いて全く興味がないという人はほとんどいないと思います。多少は興味ありますよね?
世界中にもたくさんあって、今思いつくだけでもマチュピチュ、ウルル(エアーズロック)、ピラミッド…などが出てきます。「パワースポットには行きたいけど世界中を飛び回るほどの余裕はない!」って人、多いと思います。じゃあ…

世界行く前に鹿児島に来ませんか?

パワースポットの場所は人ぞれぞれあると思いますが…        
鹿児島ではどんな所がパワースポットと言われているのでしょうか。
  
                             

鹿児島のパワースポットってどこ?





その①桜島(鹿児島市)

何回もこのブログに登場してきた桜島。鹿児島のシンボルと言う人も多いこの火山。今なお噴煙を上げ続ける世界有数の活火山である桜島は、とても雄大で、その姿に圧倒されるくらい力強い大地のパワーを感じる場所です。





その②開聞岳(指宿市)

薩摩富士とも呼ばれるキレイな円錐形をしたこの開聞岳は、多くの人が登山に訪れるパワースポットです。活火山という事もあり、大地のエネルギーを感じられる場所でもあります。





その③宮之浦岳(屋久島町)


世界遺産の域に入るこの山は、九州最高峰で日本百名山のひとつです。その美しい姿は「洋上のアルプス」とも呼ばれています。九州最高峰に登ってパワーを吸収してみませんか。





その④霧島連山(霧島市)



1000メートルを超える山々が連なる霧島連山。四季折々の自然を楽しませてくれるこの霧島連山には多くの人たちが登山に訪れる。火山帯であるこの山々からは見るだけでもエネルギーが伝わってきます。





その⑤神川大滝(錦江町)

落差25メートル、幅35メートルという迫力満点のその姿は力強さを感じます。迫力を感じながらマイナスイオンも吸収できるこの滝は心身ともに元気をもらえるスポットです。
  



        
その⑥丸池湧水(湧水町)

霧島山麓の湧水のひとつ。一日に6万トンもの水が湧き出るこの池は「日本の名水100選」に選ばれています。透明度が高く、キラキラした水面を見ていると心が浄化されて癒されること間違いないでしょう。水汲みも出来るので行く時は容器を忘れずに。





その⑦白谷雲水峡(屋久島町)

映画の舞台になったと言われるこの場所は九州を代表する渓谷の一つではないでしょうか。喧騒から離れ、森の中の澄んだ水の水音を聞いていると日常の忙しさを忘れさせてくれる、そんな癒しスポットです。





その⑧霧島神宮(霧島市)

言うまでもないくらいパワースポットとしてとても有名です。霧島の澄んだ空気の中に構えるこの神社はリフレッシュ効果を与えてくれます。天孫降臨の神話も感じながら訪れるとより良いかもしれません。





その⑨射楯兵主神社(南九州市)

通称、釜蓋神社。正式名称の読み方は「いたてつわものぬしじんじゃ」です。スポーツ選手も訪れる話題のパワースポットです。海に面しているこの神社は絶景スポットでもあります。希望の岬と呼ばれる岬もあるので新しいパワーが湧くことでしょう。





その⑩縄文杉(屋久島町)

樹齢7000年を超えると言われている縄文杉は屋久島の地にどっしりと構え、壮大なスケールを感じさせてくれます。毎年、何千人もの人がこの縄文杉に会いに行く、鹿児島を代表するパワースポットです。





他にもパワースポットと呼ばれるところはありますが今回はここまで。続きはいつになるか分かりませんがまた新しいことろを紹介出来たらいいなと思っています。

一般的にパワースポットと聞くようなところを書いてみしたがパワースポットは人によって違うので自分のパワースポットがある人もない人も鹿児島旅の参考にどうぞ♪


0 件のコメント:

コメントを投稿