2015年11月29日日曜日

第19話 お茶の町のご当地グルメ~知覧~


頴娃、知覧、川辺の3町からなる、鹿児島市の南西に位置する南九州市。
お茶の産地でもあり、戦争を色濃く残しているところでもあります。そしてよく言われているのが“薩摩(鹿児島)の小京都”。武家屋敷が建ち並ぶその姿はとても風情があります。



そんな知覧には“といのずし”と言って知覧のご当時グルメがあります。家庭でも食べるような地元の人曰く、炊き込みご飯らしいです。
それは知覧のお店でも食べられます。お店によってスタイルが違うようですが数店舗“といのずし”がメニューにあるそうです。
“といのずし”はネットでも、問い合わせをしても、意外と情報がない…。
そんな中、私が行ったのは旬彩茶屋“和”。実は2回ほど行っています。何が良いかって言うと、古民家で風情があり、といのずしも食べられるという、武家屋敷が並ぶこの町にピッタリのお店です。“といのずし”の事で問い合わせをしてもここを薦められました。

このお店は知覧の商店街の裏にあります。鹿児島銀行の裏辺りです。お店の前に駐車場もあり、スペースは広いです。

店内は畳でテーブルが並んでいます。縁側に一組だけ椅子のテーブルがあります。


メニューも豊富でお茶で炊いたお米を食べられるランチがあったり、カフェメニューがあったり。ちなみにここのメンチカツは美味しいらしい。でも、まだ“といのずし”しか食べたことないですけどね。
ここの“といのずし”は雑炊スタイル。単品もあるし、セットもあります。
雑炊になった“といのずし”は小さくてかわいい鍋で登場!


お値段にして¥900。決して高いわけでもなく、まぁ、そんなもんでしょう。


食後にはコーヒーとチョコロールケーキのデザートも出てきます。

今からの寒い季節にピッタリのご当地グルメですね。


このお店の近くにお好み焼きがメインの小さなカフェがあるのですが…長屋に3店舗くらいお店が入った、決しておしゃれとは言えないけれど気になるお店。


とても小さいけど地元人もお茶飲みに来るんでしょうね。地元感がありました。
ここでたこ焼きを食して見る事に。


ウマい!!
熱々の大きいたこ焼きが10個で¥500。小腹がすいた時にピッタリ。意外とお腹も満たされます。





知覧は戦争時代の特攻基地があった場所。


平和公園があり、その中には特攻平和会館もあります。いつもたくさんの人が訪れますが休日や旅行シーズンともなれば特にそうです。


その特攻平和公園の近く(敷地は同じかな)にお土産屋さんやレストランなどが集合しているエリアがあります。

バスが駐車できるような広いところです。目印はコレ。



知覧だけにお茶です。これ面白いですよね。
そのエリアの中にパン屋さんがあるのですが…


「ちゃらり」ではなく「さらり」です笑。
ここのパンが美味しいらしい!
お昼過ぎに入ってみたら…ほとんど売り切れ。おいしさが証明されていますね。




遠いようで意外と近い知覧。意外な事に食に関する事で気になるお店がいくつかあります。
アフタヌーンティーを楽しめる紅茶のお店や武家屋敷群の中の小さなお店や知覧茶イダーなどなど。




行けた際にはまた新たな食情報をお届けできたらいいなと思います☆


0 件のコメント:

コメントを投稿