2017年1月22日日曜日

第46話 お仕事終わりはここへ ~勤労青少年ホーム~

働く青少年の交流の場でもあるとも言える“鹿児島市勤労青少年ホーム”。鹿児島市の鴨池にあります。市立図書館や科学館の隣で鹿児島県庁からすぐのところです。意外と知らない人も多いのではないでしょうか?


ここでは年間を通して多種多様な講座やクラブ活動、そしてイベントなどが行われています。


ただ、施設の利用条件がありまして…
名前の通り青少年で、市内に在住、もしくは通勤する15歳以上35歳未満の勤労青少年が対象となっています。だから学生はダメなんですね。
※しかし、必ずしも上記の通りとは限らない場合もあるようです!



講座は大きく分けて前期、中期、後期の3期に分かれていて、期間は講座によりますが大体2カ月ほど。ちょっと体験してみたい、講座でやってみてからクラブ入部を考えたい、という人はまずは講座から受けてみるといいでしょう。
また、短期や一日だけの講座もあります。短期講座は全3回などの数回、一日講座はもちろん一日だけ(と言っても午前か午後の2時間くらいのものが多い)。クリスマスケーキ作りやバレンタインチョコ作りなど季節に応じた講座もあったりします!

講座の中には家庭料理の講座などで費用が必要(そんなに高くありません)になるものもありますがほとんどが受講料無料です!料金がかからない、かかったとしても安くですむというのは何とも魅力的ですよね!



どんなものがあるのかちょっとだけご紹介しましょう!※2016年度のものです。

【3期でやっている講座】
・バレーボール・ジャズダンス・パソコン・外国語・家庭料理・ヨガ・写真・ゴスペルなど…他多数

【短期・一日の講座】
・パン作り・クリスマスケーキ作り・合鴨農法など…他多数

【クラブ活動】
・ジャスダンス・バレーボール・バスケットボール・ギター・茶道・華道・ゴスペルなど…他多数

【イベント】
・運動会・キャンプ、スポーツ大会、クリスマスパーティー、餅つき大会など…他多数




講座の申し込みは主に直接申し込みに行くか往復はがきで申し込むかの2種類ですが、変わることがあるかもしれないのでその都度確認した方が確実です。

そして!

忘れちゃいけないのが利用証の発行です。
この“鹿児島市勤労青少年ホーム”の講座を受ける、イベントに参加するなど施設を利用する人は利用証を作らなければなりません。その際、¥700が必要となります。でもこの¥700で一年間好きな講座を受けたいだけ受けられる、クラブ活動が出来る、イベントに参加出来るというのですから大した額じゃありませんね!


そんな私は講座を受けまくり、イベントに参加しまくっています!だって楽しいから!
私はまだ通うようになって一年も経たないのに利用生に「何年くらいホームに来てるんですか?」とよく聞かれます。イベントや講座によく参加しているし、職員さんともよくしゃべっているのでベテランの雰囲気があるようです。それくらい“楽しい”を過ごせるところなんです!確実に飲み会より行ってますね。
ちなみに私は定期的にスポーツをしたいと思ってここに行ってみたところ、講座をたくさんやっている事を知り、「じゃあ、まずは講座からやってみよう」とバレーボールとジャズダンスを受講した事がキッカケで通うようになりました。
最初は緊張しましたが、自分が受ける講座には自分と同じ趣味や興味を持った人が来ているわけですから楽しい時間を共有する事で友達も出来るし、とてもリフレッシュ出来ます!
友達同士で受講するもいますが一人で来る人もたくさんいるので、一人で来ても全然問題ありません!志は皆同じですからね





最初の一歩というのは勇気が要りますけど、その一歩の勇気のおかげで“楽しいと思う時間”を自分で増やせる事もあるわけです。仕事と家の往復にマンネリ化してる人、友達を作りたい人、体を動かしたい人、経験者は語る!オススメです!!

0 件のコメント:

コメントを投稿