2013年5月19日日曜日

鹿児島湾





 鹿児島湾は大きく分けて薩摩半島と大隅半島に囲まれ、湾の中に桜島がある。
上手いこと真ん中にありますよね(^o^)

そんな鹿児島湾を含め、鹿児島県本土の地図を時計回りに90度回転させてみると…
龍の顔に見えるのは私だけだろうか。なんともカッコイイものである。




鹿児島湾は、薩摩半島と大隅半島が東西に引っ張られ、陥没して出来たという。
確かに湾内の沿岸部分を合わせてみると、合わなくもない。かも…

 御存じの方も多いと思いますが鹿児島湾奥部には姶良カルデラがあります。
約3万年前(想像つかないけど(^_^;))に巨大噴火を起こし、陥没。そこに海水が流れ込み、今の湾奥部ができた。
ちなみにそのカルデラの縁にポコポコ活動し始めたのが桜島。
そのカルデラは姿こそ海中にあるためカルデラ自体は見えない。その様子がはっきりと見える所はいくつもある。しかし、高台からでないとよく分からないですね。
 
それぞれ好みはあると思いますが、私個人としては輝北の上場公園と吉野の寺山展望台からの眺めがお薦め。ただ、寺山は山道を行くので一人で行くには少々勇気がいる…
しかし、展望台から見える景色は、目の前の桜島とカルデラの大きさを間近で感じられる。行った時は感動しました。

一方の上場公園は、少し遠めにみえる事になりますが、逆にカルデラ全体がよく見える。寺山とは違って、公園の位置的理由から昭和火口も見える。こちらも寺山に劣らないくらいの絶景☆
皆さんの好きな場所はどこだろう(^-^)?

0 件のコメント:

コメントを投稿